読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政男兵記―私の前世は日本兵―

日本兵だった前世の記憶を掘り起こし、かつての人生を思い出していくブログ。

やけくその最終手段

 政男さんの隊長さんが、山本小隊長なのか山田小隊長なのか……或いは違う人か。
 こればかりは、政男さんの記憶だけが頼りだなぁ。

 資料検証もほぼ詰み、
 記憶スコップもほぼ詰み、
 この先どうしよう……。
『もう諦めよう』と心がいじけ始めています。でも挫折しそうになると、内なる自分が『腰抜けめ。諦めるな』と鞭を振るってくる。
 せっかくここまで政男さんの人生を追求してきたんだ。
 私は、政男さんの全てを知りたいと望む。
 諦めるわけにはいかない。

 残る最終手段は……

 政男さんの記憶、感情、思考を全て蘇らせること。

 つまり、私自身が政男さんになってしまう方法。

 なんか自分でも笑っちゃうような誠に滑稽な方法です。
 でもこれが、政男さんの人生の全貌を知るためのやけくその『最終手段』です。
 仰天ニュースという番組で、米軍パイロットの前世の記憶を持つ男の子の話がありましたが、あの子みたいにほぼ正確に思い出せないとやはりきついですな……。

 そして万が一政男フルモードになった際には人格に異常をきたす恐れありで、リスクは高い。
 しかし、こうでもしないと先に進めない。
 
 実はその最終手段、既にやってます。
 そして、僅かながら成功の兆しが見え始めています。
 最初は『記憶が蘇ったら人格が壊れる!』と理性の反発を何度も食らいましたが、なんとか理性(自分自身の恐れ)をなだめることができるようになりました。
 政男さんの記憶の断片が見えるようになったのは、何かの宿命なのかもしれない。或いは、政男さんがこの世に生きた証を残したいという欲求、懺悔をしたいという欲求の現れかもしれない。
 どちらにしろ、政男さんが私の中で目覚めたのも、このブログを書き始めたのも、全て必然かもしれないよ、と自分自身に何度も訴えました。
 すると、徐々に理性は反発しなくなり、心がとてもすっきりし始めたのです。ようするに、理性の関門が開いたということか?
 潜在意識から政男さんの全てを引っ張り出す準備が、整った……気がします。

 後は、たとえ人格が壊れても、政男さんになっちゃっても、全てを受け入れるだけ。
 必ず、この最終手段はクリアしてみせよう……。
 必ず……。


↓ポチッとお願いします!励みになります!↓

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村