読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政男兵記―私の前世は日本兵―

日本兵だった前世の記憶を掘り起こし、かつての人生を思い出していくブログ。

支那の大地で彼が見たもの

※注意:今回、若干ホラー回。
 

 ――日中戦争で、俺はシナ人をたくさん殺した。
 
 彼のその言葉から始まった、ただならぬ狂気と恐怖。
 それは兵隊として当然の意思か。
 それとも戦場で理性を失い、狂戦士となった者の意思か。
 ようやく見え始めた政男さんの戦場劇。
 それは――。
 
 
 ◇ ◇ ◇
 
 
 ――政男さんは70年前のあの日、中国で何をしたの?
 それを知るために、私は恐怖心を抑えながら再び瞑想を始めました。
 じんわりと、胸の奥からあの狂気がせり上がってきました。でも、精神を蝕むほどではありません。
 
 意識は問題なくいつも通りにぼんやりとしてきて、私はトランス状態に入りました。
 
 やがて、一つの映像が見えてきました。
 背の高いススキ?の草むらです。
 その草むらの前には、数個のハゲ坊主の生首が置かれています。顔立ちはアジア系で、表情は苦し気に歪んでいます。状態は綺麗で、ウジも湧いておらず、首の断面は生々しいです。斬られたてなのでしょうか。
 映像の視点は低く、若干遠く、おそらく政男さんはしゃがんで生首たちを見ているのだと思います。
 映像は残酷なのに、不思議と恐ろしい気持ちにはなりませんでした。至って穏やかな気持ちで、かつ冷ややかな感情が伝わってきます。
 
 ――お前らが悪いんだからな。悪く思うなよ。
 みたいな冷めた感情です。
 
 その感情から察するに、生首は恐らく仲間のものではありません。
 政男さんが言っていた日中戦争、シナ人――それらの言葉から推測すると、生首たちは中国軍兵士の可能性が高いですね。
 彼らの顔には苦痛の表情が残っているので、恐らく生きたまま軍刀か何かで斬られたのかと……(ヒィィィ)
 やったのは、政男さんなのかな? わからないけれど、そうだったらかなり怖いです!  上官命令だったってこともありえますが、それでも怖い!
 
 その映像は、政男さんが中国で何をしたのかという真相を探るための、重大な手かがりになりました。
 
 もう1つ、浮かんできた映像があります。これは、かなり重要な手かがりでした。
 その映像は、茶色い帽子から耳横に白タオルをぶらさげ、白シャツを来た老けた隊長らしき人が、しゃがんでいる兵隊たちを指差し点呼しているもの。隊長さんが暑そうな格好なので、季節は夏でしょうか?
 政男さんは前から三番目くらいにしゃがんで隊長さんを見上げています。
 空は曇りゆえか真っ白で眩く、さらに隊長さんの背後には白いような灰色のような大きな門が。アーチ状の入口があります。
 どこかの市街地でしょうか?
 この映像からは、何も伝わってきませんでした。非常にゆるーりとした感じでした。
 
 政男さんのいう『支那』で彼が見た光景は、この二つの映像だけです。
 少ないですが、どちらもはっきり写っていてインパクトのある映像です。(特に生首ズ……こえーよ!)
 
 でも、銃撃戦の光景は見えませんでしたね。これを掘り起こそうと頑張っているのですが、政男さんが悲痛な心の声を上げて制止する時があるので、なかなか出来ていません。
 
 それもそうかな。きっと重度のトラウマの記憶だろうし。政男さんの大切な人や、彼自身が死んでしまった記憶かもしれないし。
 もし記憶が蘇ったら私、POSDになるかも。
 
 今日も、仕事帰りに地下街をゆるりぶらりとしている最中、ふとした拍子に政男モードになり「俺は悪くない!」「やめてくれ!」と心の中で叫びまくっていました。
 そして罪悪感や悲しみも込み上げてきて、私まで叫びそうになりました。実際、地下街の床に座り込んでそのままギャアギャア声を上げそうになりましたし(笑)(ぎりぎり踏ん張りました)
 吐き気もせり上がって、せっかく食べたドトールミラノサンドBがお粗末になるところでした。
 
 政男さん落ち着け、落ち着けと何度もなだめましたが、なかなか心の暴走は止まってくれませんでしたね。
 私は精神疾患は持っていませんが、あの時は本当に精神がおかしくなったのかと思いました。
 
 政男さんが味わった戦争の記憶は、それだけ恐ろしいものだったのでしょう……。
 戦争の心的外傷で、今も精神病棟から出られないという元日本兵の方々がいるという話があるくらいですし……。
 
 政男さんも、きっと戦争で心を病んでしまった人だったのでしょう。
 そう思うと、とても悲しいですね。
 
 戦場での記憶を掘ろうとすると政男さんが全力ストップしてくるので、そこの記憶の探索は後回しにすることにします。
 前回、どんなに恐ろしい記憶でも掘り起こしてみると決心しましたが、今回、予想外の重度の精神異常をきしたので。別の記憶を探ることにします。
 
 政男さんの幼少期後や思春期の記憶はまだ全く見えてないので、そこをスコップしようと思います。
 でも、前世の記憶はなかなか思ったように出て来てくれないものなので、もし掘り起こせなかったら別の話題にしますね。
 
 次回に続きます。




↓ポチッとしてください。励みになります!↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村