読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政男兵記―私の前世は日本兵―

日本兵だった前世の記憶を掘り起こし、かつての人生を思い出していくブログ。

政男さんの戦歴資料探しに即行詰む

 昨日、日中戦争参加者・戦死者の名簿を見ようと思い市内の図書館へ向かいました。市町村の図書館になら戦死者名簿はある、という曖昧な情報をたどってきただけですが。
 最初、調べ方がわからずカンファレンスの人に聞いたのですが……戦歴資料は国立国会図書館の情報を見ればわかるが、(政男さんの)個人情報は名前、生年月日、出身地、部隊、出兵先などがわからないと調べようがないと言われて即行詰みました。
 日中戦争の名簿や資料に関しては国立国会図書館にたくさんあるらしいのですが。

 ううむ……政男さんの出身地、部隊、出兵先はまだはっきりとわかっていないんですよね。

 名前はわかるんですよ。最近、名字も判明(本当かどうかわからない)してきました。
 政男さんの名字は、どうやら《中沢(ナカザワ)》というらしいです。
 中村、中富、長沢……と色々浮かび上がりましたが、一番しっくりきたのが中沢でした。
 なので、今の有力候補は《中沢》かな、と思っています。

 生年月日は曖昧です。以前の瞑想(ブログには書いていませんが)で「政男さんの死んだ日はいつ?」と聞いたら、1939という文字がはっきりと浮かんだのです。それからずっと、政男さんの死んだ年は1939という印象が付きまとっています。そして「何歳で死んだの?」と聞くと25という数字が浮かびました。25歳で亡くなったのでしょうか。私より二歳年上なんですな。若すぎる……(涙)
 1939年といえば、1937年の盧構橋事件➡開戦から二年。まだ日中戦争全盛期ですね。25歳(?)の若き政男さんは激戦の中国で死んだのでしょうか。

 出身地は……幼い政男さんが母に手を繋がれ街を歩く映像は見えたのてすが、これだけではどこの都道府県か全然わかりません。ただ、政男さんは話す時いつも標準語なので、恐らく関東圏に住んでいたのではないかと思っています。

 部隊に関してはほとんどわかりません。兵営でご飯を食べている映像は見えたのですが、これだけでは何も……。これは政男さんがはっきりと思い出してくれないと無理かな。

 出兵先はもっと曖昧です。以前、前世の記憶の掘り下げで《四川省》という単語が思い浮かびましたが、これも本当かどうかわかりません。

 政男さん自身の名簿や戦歴資料を見つけるには、もっともっと記憶の掘り起こしが必要というわけなんですね(汗)
 頑張ろう、政男さん。




↓ポチッとお願いします! 励みになります!↓

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 前世・来世へ
にほんブログ村